コロナに負けるな!2wayシールド通販サイトコロナに負けるな2wayシールド通販サイト

開発者紹介

イメージ:2wayシールド開発/合同会社ヘルスファースト代表 博士(医学)/西岡真治

2wayシールド開発者

合同会社ヘルスファースト 代表
博士(医学)

西岡 信治

皆さまへのご提案

私たち歯科関係者が、新型コロナウイルス感染症に罹患するリスクが高いにもかかわらず、わが国では歯科診療を通して感染した方が、一人もいないことを皆さんはご存知でしょうか。(2021年3月1日現在)
これは私たちが、いつも使用している機器・器材の滅菌や消毒はもちろんのこと、マスク、フェイスシールドなどの感染予防対策を徹底しているからです。このことが、すなわちフェイスシールドが感染予防に対して、いかに有効であるかを示すエビデンスに他ならないと思います。
そこで一般の方にもフェイスシールドを使っていただく事が大切ではないかと考え、安価(1枚あたり95円以下)で2通りの使用方法が可能な上に、超軽量でクリアファイルに入れて携帯できるフェイスシールド(2wayシールド)をこの度、開発いたしました。

2020年4月中旬よりマスク装着タイプのフェイスシールドは、愛媛県歯科医師会の一般HPに作成方法をアップするとともに愛媛新聞にも掲載されましたが、6月中旬より熱中症対策として水分補給が簡単にできるフェイスシールドが必要ではないかと考え、その開発に取り掛かり、この度実用新案を出願し販売するに至りました。

イメージ:2wayシールド装着風景

この「2wayシールド」の特徴としては、①安価であること ②超軽量であること ③クリアファイルに入れて簡単に携帯できること ④頭部に装着するものと違い曇りにくいこと ⑤装着時に髪が乱れないこと ⑥マスク荒れの気になる方が使用できること ⑦水分補給が容易であること ⑧食事が可能であること ⑨眼鏡をされていない方は通気性のよいマスクを用いて装着できること ⑩フリーサイズ設計のため、大人でも子供でも容易に装着できること ⑪商品の厚みが0.1mmと薄いため、少ないスペースで保管ができること などがあります。

これらの特徴から、クラスター対策として、各種イベント会場の入り口や、飲食店での配布、また自己防衛対策として、公共交通機関での使用などが推奨されます。
基本的な新型コロナウイルス感染症対策を行うと同時に、この2wayシールドを併用することでクラスター発生の予防につながるとともに、イベント会場などにおいて
一人でも多くのお客様を動員できる対応策の一助になれば幸いです。

学歴/職歴

1987年 3月
広島大学歯学部卒業
1987年 4月
愛媛大学医学部歯科口腔外科学教室入局
1989年 4月
愛媛労災病院勤務(歯科医師)
1990年 10月
田中歯科医院(松山市)勤務(歯科医師)
1992年 4月
愛媛県松山市にて西岡歯科医院開業(院長)
2014年 3月
労働衛生コンサルタント
2015年 6月
愛媛県歯科医師会専務理事(現在に至る)
2019年 5月
愛媛大学大学院医学系研究科博士課程修了
博士(医学)
2019年 9月
愛媛大学大学院農学研究科客員研究員
2020年 3月
愛媛県歯科医師会COVID-19対策委員会委員

資格等

  • 歯科医師
  • 博士(医学)
  • 労働衛生コンサルタント
  • 歯科医師臨床研修指導医
  • (株)デンツプライシロナインプラント公認インストラクター
  • OJ (Osseointegration studyclub of Japan) 正会員
  • 日本臨床歯周病学会認定医
  • 日本臨床歯周病学会歯周インプラント認定医
  • 愛媛大学大学院農学研究科客員研究員

所属学会

  • 日本公衆衛生学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本歯科医療管理学会
  • 日本疫学会
  • 日本歯周病学会
  • 日本障害者歯科学会